G3

きさらぎ賞2019の予想。出世レース!アガラスが中心

投稿日:

ホープフルステークスに出走したヴァンドギャルド、そして、前走すごい上がりを見せたアガラスが中心になるかと。

このレースは3着以内になった馬で、結果だけみれば、リーチザクラウン、オルフェーヴル、ワールドエース、トーセンスターダム、ルージュバック、サトノダイヤモンドと、後々のG1馬、重賞勝ち馬といった名馬がズラリ。出世レースとも言われてます。きさらぎ賞は、そういった馬を見抜く力が必要になるレース。

といっても、この時期は、まだ500万クラスだったり、未勝利勝ちした馬ばかり。

まだ日の目を見ていない馬が多いです。なかなか難しい。

 

きさらぎ賞の過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率70%
  • 2番人気の連対率40%
  • 5番人気以下の馬が3着以内:70%
  • 前走、500万クラス勝ち:70%

結構難しい。

データとしてみれば、1番人気の連対率は70%と信用度が高いが、必ず下位の人気の馬が3着以内に入ってきているので、人気通りに決まらないレース。

 

矢野テックの2019年きさらぎ賞の予想印

僕の予想は以下のとおり。

◎アガラス
〇エングレーバー
▲ヴァンドギャルド
△ダノンチェイサー
×マコトジュズマル

この予想印の理由は、過去データと、以下に挙げる前走の映像からです。

 

2019年きさらぎ賞有力馬前走の分析

アガラス

前走、東京スポーツ杯2歳ステークス2着。

タイム差0秒、ハナ差2着。

勝ち馬ニシノデイジーとの差は、ほぼ無いに等しいです。

レースの展開も素晴らしく、上り33.7秒。デビューから1800mのみしか走っていないのもプラス。

血統は、父ブラックタイドx母の父ブラックホークという、最近の流行血統ではないことだけが気がかり。

 

ヴァンドギャルド

前走、G1ホープフルステークス6着。

レース動画みる限りは力負け感はあるけど

直線で2回も不利を受けている。まだ、力を発揮出来ていない感じはします。

週間ギャロップみると、馬体の素晴らしさが際立ってます。

 

エングレーバー

まだ、500万勝ちしたばかり。

新馬デビューから2000mを2度勝っているのが大きい。週間ギャロップでの写真みる限りは、胴が詰まっていて短距離っぽく見えるんですけどね。

血統は父オルフェーヴルx母父シンボリクリエンス。

データとしてはそれくらいしかないので、人気にはなりづらそう。

 

ダノンチェイサー

前走、500万クラス勝ち。

血統としては1番上。購入価格2億7000万という価格ながら、結果はまだ出ていない感じ。

二ヶ月の放牧明けなので、成長度合いがどのくらいあるかが鍵になりそう。

人気を集めそうだけど、凡走する可能性も高い。

 

2019年きさらぎ賞の馬券

買い目について。

京都という実績で考えれば、ダノンチェイサーの方が上な気がしますが

レース結果をみれば、アガラスの方が上。

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G3
-, ,

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.