安田記念 朝日杯FS 競馬知識

東京競馬場の芝1600mの特徴とタイム

投稿日:

東京競馬場の芝1600mの特徴についてまとめみてみます。上がりが早い馬は人気になっている傾向あり。でも、単純な上がり勝負にならないので、結構注意が必要。直線距離が長いため、純粋なマイラーは不利という印象があります。

東京競馬場1600m芝の特徴

向こう正面の奥からスタートしますので、G1での観客の歓声は、遠いので意外と影響は少ない。

直線距離が525.9mとめちゃくちゃ長いので、上がり勝負の傾向あり。

前走が、上がり3Fのタイムが33秒台だと、敗けてたとしても、かなり人気になる傾向が強いです。

コース形態

左回り。

そのため、3歳の初頭重賞では、左回りを走っているか、走っていたら成績はどうなのか?。

ちゃんと見ておく必要があります。

左回りを苦手とする馬も多くいるからです。

枠順の有利不利

データからみても、枠順の有利不利はあまりないです。

コースの影響

最初のスタートから1ハロンあたりまで、緩やかな下り坂になっています。

ジョッキーはスピードが出ないように抑える傾向があります。

最後の直線で、よーいドン!っていう感じになりやすい。

勝負は直線に向いてからですが、追込み一辺倒では勝てない傾向もあり。

脚質は逃げ不利

直線距離が長いため、スタミナも必要。

未勝利、条件戦だと、有力馬がそのまま逃げ切るケースもあるけど、重賞になると、逃げ切るのは難しいです。

 

よほどの馬でないと、そのまま逃げ切る馬は少ない。

最近G1で逃げ切った馬を挙げると

  • メジャーエンブレム(NHKマイルC)
  • ミッキーアイル(NHKマイルC)
  • ロゴタイプ(安田記念)

こんなとこでしょうか。

 

東京競馬場芝1600mの目安タイム

各世代別での平均タイムは以下のとおり。

2歳馬OP以上

  • 1分34.3秒

ウォッカがレコードで1分33.9秒というとんでもタイムを叩き出したけど、普通はこのくらい。

3歳馬OP以上

  • 1分33.4秒

古馬OP以上

  • 1分33.3秒
3歳馬と古馬があまりタイム差がないのは、斤量による差だと思います。

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-安田記念, 朝日杯FS, 競馬知識
-

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.