G1 阪神JF

阪神ジュベナイルフィリーズ2018の予想。ダノンファンタジー、クロノジェネシス、シェーングランツが筆頭か

投稿日:

2歳牝馬で難しいレースな印象です。今年は現状の成績だけでいうと、ダノンファンタジーシェーングランツクロノジェネシスが有力馬でしょうかね。そして、抽選になるだろうけど、新馬勝ち直後のウォッカの娘であるタニノミッション、フサイチエアデールの娘、ビーチサンバなど、けっこう楽しみな馬が居ます。

2018年の阪神ジュベナイルフィリーズ予想を前走の映像と、過去データから分析してみます。

阪神ジュベナイルフィリーズの過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率50%
  • 1番人気が3着以内の確率60%
  • 2番人気の連対率40%
  • ディープインパクト産駒の連対率:15%
  • 前走、ファンタジーステークス3着以内の馬の連対率40%
  • 前走、アルテミスステークス3着以内の馬の連対率40%

1番人気、2番人気は安定しています。

前走では、直近では、ファンタジーステークスよりも、アルテミスステークス上位の馬の好走が目立ってます。

 

そして、まだ2歳なので、考慮しないといけないのが現状での完成度

血統だけ見て将来的に重賞を勝てる素材でも、まだ成長途中の段階にあります。走る馬でも、2歳G1では、今現在の完成度をみるのがポイントになります。

 

そして、データからみれば、ディープインパクト産駒は、この時期は、あまり走っていません。まだまだ成長は先ということでしょう。

このレースに限っていえば、連対率が著しく低いです。

 

矢野テックの2018年阪神ジュベナイルフィリーズの予想印

僕の予想は以下のとおり。

◎ダノンファンタジー
〇シェーングランツ
▲ビーチサンバ
△クロノジェネシス
×タニノミッション

けっこうムズイ。データだけでみると、ディープインパクト産駒は切ることになりますが

今年の人気の馬は、ダノンファンタジー、シェーングランツ、どちらもディープ産駒です。

重賞も勝ってるし、上りの脚も早い。こういう事から、ディープ産駒の連対もあるかなと思ってます。

 

2018年阪神JF有力馬前走のレース動画分析

阪神JFの有力馬の前走の動画からの分析をまとめてみます。

ダノンファンタジー

前走、ファンタジーステークス1着。

このレース、上り33.8秒。

最後はムチを入れていません。着差以上に強い勝ち方をしています。

現時点では、かなりの完成度の馬と言えます。また、血統からも現状だけでなく、今後の成長も期待できます。

唯一の不安は、鞍上がクリスチャン・デムーロな点。

最近の乗り替わりでもG1で結果は残していません。

シェーングランツ

前走、アルテミスステークス1着。

2着はビーチサンバ

1着シェーングランツの上りは33.8秒。最後の直線、恐ろしい脚を使ってます。今回は、東京ほど直線が長くないので、そこが問題です。

鞍上も武豊なので安心です。

ビーチサンバ

前走、アルテミスステークス2着。

本当は〇を付けたかった馬。先行力が強く、長く良い脚が使えるのがポイント。

阪神競馬場だと、シェーングランツよりもこの馬の方が立ち回れると思う。

血統は、母フサイチエアデール。懐かしい。

朝日杯FSを勝ったフサイチリシャールの全妹です。早い時期に活躍できる血統というのも魅力。

クロノジェネシス

前走、アイビーステークス1着。

強いです。

最後の直線で抜け出して、後続に2馬身差。王道の勝ち方をしていますね。

上りは32.5秒

今回のメンバーでは最速の脚をもっています。

父バゴというのが気になりますが、これについては別途記事にまとめてみます。

タニノミッション

前走、新馬戦1着。

上り33.4秒と脚は凄い。

まだ新馬戦しか勝っていないので、抽選になると思いますが、出走したら可能性がある馬。

ウォッカの娘ですからね。

ただ、タニノフランケル、タニノアーバンシーといい、ウォッカの産駒で走っている馬がいない。。今回はどうか・・ってとこでしょう。

父インヴィンシブルスピリットで、ちょっと情報がない〇外というのも気になる。これも別途記事にしてみます。

 

2018年阪神ジュベナイルフィリーズの馬券

枠順が結構重要なので、予想は枠順発表後に追記します。

 

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G1, 阪神JF
-, ,

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.