G1 菊花賞

菊花賞2018の予想。エポカドーロ、エタリオウ、ブラストワンピースの3頭が鍵かね

投稿日:

2018年の菊花賞は結構難しい。ダービー馬ワグネリアンが不在で、皐月賞馬でダービー2着だったエポカドーロは前哨戦の神戸新聞杯で4着になったからです。事前評価では、エタリオウの方が上。今乗っているシルクホースクラブのブラストワンピースもいますし、意外と難しい。

菊花賞の過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率:70%
  • 2番人気の連対率:20%
  • 7番人気以下が3着以内に入った確率:70%
  • 10番人気以下が3着以内に入った確率:30%
  • 関東馬の連対率:0%
  • 前走、神戸新聞杯3着以内:連対率52%
  • 前走、セントライト記念勝ち馬の連対率:8%
  • 8枠の連対率:3%

ざっくりまとめると上記のようになりました。

データから、1番人気を軸にするのは必須ですね。ただし、人気通りに決まらなくて、低い人気の馬が必ずと言っていいほど割り込んできます。人気だけで買い目を決めるのは危険。

おそろしいことに、関東馬(美浦所属)の連対率は0%、逆を言えば栗東所属の馬が連対率100%です。

3歳馬からすれば3000m走るのに、輸送が堪えるのでしょうね。

ステップレースは神戸新聞杯重視。セントライト記念勝ち馬の連対率は低いです。

 

矢野テックの2018年菊花賞の予想印

僕の予想は以下のとおり。枠順が決まったら変えるかも。

◎エタリオウ
〇メイショウテッコン
▲エポカドーロ
△アフリカンゴールド
×ブラストワンピース

メイショウテッコンにひそかに期待。馬体は明らかにステイヤー。長距離血統ですし、データからみても十分可能性あります。

 

逆に、ブラストワンピースは迷ってます。

マイル~2000mくらいがベストだと思うんだよね。

 

2018年菊花賞有力馬前走のレース動画分析

菊花賞の有力馬の前走の動画からの分析と、1週前の追切りの情報をまとめてみます。

エタリオウ

前走、神戸新聞杯2着。

ワグネリアンが強い勝ち方をしましたが、動画を見て分かるように2着のエタリオウも遜色ないです。タイム差も0.1秒。上がり33.9秒の鬼脚を使ってるのも魅力です。

メイショウテッコン

前走、神戸新聞杯3着。

映像見て分かるように、あわや逃げ切るかと思うレースでした。

菊花賞は3000m、G1だとさすがに、こんなにゆるくないとは思いますが、ペースと天候次第では逃げ切る可能性がありますね。

エポカドーロ

前走、神戸新聞杯4着。

あんまりよくなかったですね。

スタートで失敗したという事ですが、最後の直線では、上位3頭からはあきらかに置いていかれてる。

先行で自分の競馬が出来ればということでしょうね。皐月賞馬ですし、地力はあるので印付けました。

アフリカンゴールド

前走、兵庫特別(1000万)1着。

血統と成績からみて、長距離向きなので穴馬でチョイス。

1000万ハンデですが、鞍上のゴーサインで、後続馬を4馬身差でぶっちぎってるのは強いです。

重賞クラスなのは間違いないです。もしかすると・・・ということもあって買い目に入れます。

ブラストワンピース

前走、新潟記念G3を1着。

ハンデがあるとはいえ、古馬混合で勝ったのは凄いです。

しかも大外から・・。1枠なのに、何で大外!?って思いましたが、最後は上がり33秒台の脚で豪快に勝ちました。これは強いです。強いんだけど、3000mはいけるだろうか。。

 

2018年菊花賞の馬券

買い目については、データどおりなら

エポカドーロか、エタリオウを軸にするのがよいですね。

どっちが1番人気になるかなっておもうのですが、エタリオウの方が評判としては上でしょうか。

 

 

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G1, 菊花賞
-, ,

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.