G2

スプリングステークス2019の予想!ファンタジスト、クリノガウディーが軸かな

投稿日:

朝日杯2着だったクリノガウディーと、ロードカナロア産駒のファンタジストが軸でしょうかね。

前走、京成杯で4着だったダンカーク産駒のシークレットランも、巻き返しがある可能性があるので、なかなか難しいレース。

しかし、データでみれば1番人気の信用度は高いです。

2019年のスプリングステークス予想を前走の映像と、過去データから分析してみます。

スプリングステークスの過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率67%
  • 1番人気が3着以内の確率90%
  • 2番人気の連対率22%
  • 3番人気の連対率44%
  • 前走、朝日杯上位馬が3着以内の確率70%

データでみると分かりやすい。1番人気は連対率も高め、3着以内の確率は10年で9回と極めて高い。

ただし、1着になるのは話は別で、5番人気以下の下位の馬が勝ってるケースも多い。

そして、朝日杯上位の馬が出走時は、馬券に絡む確率が高い。

矢野テックの2019年スプリングステークスの予想印

データや前走の状況から考えて、僕の予想は以下のとおり。

◎ファンタジスト
〇クリノガウディー
▲シークレットラン
△ヒシイグアス
×タガノディアマンテ

この予想印の理由は、過去データと、以下に挙げる前走の映像からです。

 

2019年スプリングステークス有力馬前走のレース動画分析

スプリングステークスの有力馬の前走の動画からの分析と、1週前の追切りの情報をまとめてみます。

ファンタジスト

前走、朝日杯FS4着。

朝日杯だけでみると、クリノガウディーが2着だったけど

ファンタジストは小倉2歳ステークス、京王杯2歳ステークスと重賞を勝っている数は多い。

おそらく1番人気になるであろう馬。

鞍上も、今年は勢いがある武豊ということで、◎。

 

クリノガウディー

前走、朝日杯2着。

9番人気だったので、大波乱を呼んだが、勝ち馬とのタイム差は0.3秒。

レース展開も上手く、決してフロックではないと思う。

1週間前の栗東販路での調教では、4ハロン58.8秒と好タイムなのも○。

 

シークレットラン

前走、京成杯4着。

僕、個人的には一押し。

ダンカーク産駒は、結構走っている馬が多いなか、群を抜いているのがシークレットラン。

ダンカーク産駒の詳細は以下の記事にまとめたのでご参考ください。

ダンカーク産駒の馬体特徴と成績

2018年末から新馬戦で結構勝っているダンカーク産駒。 すごく気になったので、ダンカークの詳細と産駒の成績を調べてみました。 この記事の目次1 ダンカークの馬体1.1 ダンカークの血統1.2 ダンカーク代表産駒の馬体1.2.1 シークレットラン2 ダンカーク産駒の成績3 ダンカーク産駒のまとめ ダンカークの馬体 >参考サイト まずは、馬体をみてびっくり!!。芦毛じゃん!。 産駒で走っている馬みていると、芦毛はあまりいないよね。 母 ...

続きを見る

 

ヒシイグアス

前走、若竹賞(500万クラス)1着。

まだ、500万クラス勝ちながらも、鞍上はミナリクというだけあって安定した成績。

中山芝の結果は2.0.0.0で、中山競馬との相性も抜群。

血統面は、父ハーツクライ。祖母はニシノフラワー。

 

タガノディアマンテ

前走、きさらぎ賞2着。

ダノンチェイサーに負けたけど、タイム差は0.3秒。

レース展開としては外から伸びての内容だけに、そこまで悪くない。

 

2019年スプリングステークスの馬券買い目

買い目について。

データからみると、クリノガウディー、ファンタジストは買い目に入れたい。

時点で、シークレットラン、ヒシイグアス、タガノディアマンテってとこでしょうかね。

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G2
-, ,

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.