G2

チューリップ賞2019の予想。1番人気が3着以内の確率80%、阪神JF上位の馬が3着以内に入った確率90%

投稿日:

2019年のチューリップ賞の予想を前走の映像と、過去データから分析してみます。

弥生賞と比べて、チューリップ賞はダノンファンタジー、シェーングランツと昨年の阪神JF上位馬が出走するので、こっちの方が馬が揃っているので、おもしろいかも。

チューリップ賞の過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率70%
  • 1番人気が3着以内の確率80%
  • 2番人気の連対率20%
  • 前走、阪神JF上位の馬が3着以内に入った確率90%

チューリップ賞はデータでみるとわかりやすい。1番人気は必然的に阪神JF上位馬。そして、かなりの確率で好走している。

ただし、5番人気以下の馬が3着以内に入ってくることも多いので、人気通りに馬券は決まらないケースが多い。

矢野テックの2019年チューリップ賞の予想印

僕の予想は以下のとおり。

◎ダノンファンタジー
〇シェーングランツ
▲ブランノワール
△ノーブルスコア
×タニノミッション

頭はダノンファンタジーで決まるけど、他が難しい。次点が、シェーングランツ、他が成績でみるとどんぐりの背比べ。どれが来てもおかしくない。

 

2019年チューリップ賞の有力馬前走のレース動画分析

チューリップ賞の有力馬の前走の動画からの分析と、1週前の追切りの情報をまとめてみます。

ダノンファンタジー

前走、阪神JF1着。

世代NO1牝馬であるのは間違いない。阪神で負けなし。ここまで強いにもかかわらず、ディープインパクト産駒ということもあって、これからの成長度の方が大きいのも良い。

シェーングランツ

前走、阪神JF4着。

着順は4着ではあるけど、勝ち馬との差は0.3秒。着順だけ見てはダメなパターン。半姉にソウルスターリングがいるのも大きい。いきなり重賞勝ちは大いにありうる。

ブランノワール

前走、エルフィンステークス2着。

勝ち馬との差は0.2秒。ほぼ大差ない。仕上がりが早いロードカナロア産駒というのと、今勢いがあるシルクホースクラブのクラブ馬ということもあってチョイス。

タニノミッション

前々走、500万クラス白梅賞5着。

着順は5着だけど、勝ち馬との差は0.2秒。展開が違えば勝てたかも。。穴馬で押す理由は母が女傑ウォッカだから。

 

2019年チューリップ賞の馬券買い目

買い目について。

1番人気の連対率と、阪神JFで連対した馬が異常に好走している。

ダノンファンタジーが軸にするのは間違いないですね。

問題は、2着以降。良血馬は揃っているものの成績はまだ伴っていないのが多い。

馬単、馬連なら1軸にして流して、3連単なら1軸マルチが無難でしょうか。

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G2
-,

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.