G2

弥生賞2019の予想。1番人気の連対率70%!ラストドラフトが軸でしょうかね

更新日:

世代のNO1のサートゥルナーリアが皐月賞に直行し、今年は少し皐月賞のステップレースとしてはメンバー的には弱い感じがあります。そんななかでも、京成杯1着のラストドラフトが中心でしょうかね。

2019年の弥生賞の予想を前走の映像と、過去データから分析してみます。

弥生賞の過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率70%
  • 2番人気の連対率40%
  • 前走、朝日杯FSが3着以内60%
  • 脚質が逃げ、先行の連対率49%

1番人気の信頼度はかなり高い。また、前走、朝日杯で連対した馬は、弥生賞でも好走している。

脚質は、コースが中山競馬場ということもあって、前有利。

矢野テックの2019年弥生賞の予想印

僕の予想は以下のとおり。

◎ラストドラフト
〇クリノガウディー
▲ニシノデイジー
△カントル
×選考中・・・・

この予想印の理由は、過去データと、以下に挙げる前走の映像からです。

 

2019年弥生賞有力馬前走のレース動画分析

弥生賞の有力馬の前走の動画からの分析と、1週前の追切りの情報をまとめてみます。

ラストドラフト

前走、京成杯1着。

マルセリーナの子供は強かった。ランフォザローゼを抑えての強い勝ち方。中山競馬場で勝てたのは非常に大きい。1番人気になるであろうから、データでみても外せない1頭

クリノガウディー

前走、朝日杯FS2着。

アドマイヤマーズに負けたが、勝ち馬とのタイム差は僅かに0.3秒。上がりもコンスタントに34秒台前半を叩き出す安定度から、大崩れはしないと予想。データからみても、連帯になる確率が大きい馬。

ニシノデイジー

前走、ホープフルステークス3着。

3着ではあるが、勝ち馬との差は0.3秒。着順ほど力負けはしていない。牝系はニシノフラワー。

 

カントル

前走、500万クラス1着。

まだ、500万クラスを勝ち上がったばかり。それでも、人気になりそうなのは、血統面から。ダービー馬ワグネリアンの全弟。馬主も金子真人ということもあって、いきなり重賞勝ちしても不思議ではない。

残り1頭

もう1頭が難しい・・・。データが少なすぎるのと、突出した成績を残していない馬ばかりだからです。

候補にあげると、ブレイキングドーン、メイショウテンゲン、シュヴァルツリーゼというところでしょうか。

 

2019年弥生賞の馬券買い目

買い目について。

1番人気の連対率の高さ、そして、朝日杯FS上位馬の連対率の高さを考慮すると、ラストドラフト、クリノガウディーの2頭を軸に考えるのが良いかなと思ってます。

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G2
-

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.