馬体

ダンカーク産駒の馬体特徴と成績

投稿日:

2018年末から新馬戦で結構勝っているダンカーク産駒。

すごく気になったので、ダンカークの詳細と産駒の成績を調べてみました。

ダンカークの馬体

>参考サイト

まずは、馬体をみてびっくり!!。芦毛じゃん!。

産駒で走っている馬みていると、芦毛はあまりいないよね。

母方の血の方を伝えやすいのかな。

ダンカークの血統

父はアンブライドルズソング、母の父はA.Pインディ。

いかにもアメリカって感じの血統。

この血統で活躍馬がでるのが珍しい。

血統をみると、ノーザンダンサーやサンデーサイレンスの父であるヘイローの血が入っていません。

こういう背景から、かなり注目を浴びています。

ダンカーク代表産駒の馬体

走っている産駒の馬体を見ていると、毛の色含めて、父親似というよりは、母の父の影響が色濃く出ています。

ダンカーク産駒の馬をチェックするポイントになりそうです。

シークレットラン

毛の色、筋肉の付き方ふくめて、父親のダンカークとはまるで別の馬。

シークレットランは、牝系がダイナカール。母親の良さが出る種牡馬なのかもしれません。

 

ダンカーク産駒の成績

ダンカーク産駒の成績は以下のサイトとおり

距離は1200m~2000m

2018年の新種牡馬ではジャスタウェイが注目されましたが、数字でみればダンカークの方が優秀。

中央では14勝、地方では23勝。芝もダートも走る

 

ダンカーク産駒のまとめ

色々調べてみたけど、まだよくわからない種牡馬ですね。

芦毛なのに、芦毛の馬が少ないし・・。

芝もダートも走るし。

 

結果がずば抜けているので、今後、良い牝馬につけられるのは間違いない。

もうちょっとデータがたまったら、また更新します。

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-馬体
-,

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.