G2

日経新春杯2019の予想と馬券買い目。軸は2400m全勝のムイトオブリガード、着外1回のみのグローリーヴェイズかな

投稿日:

日経新春杯は、ムイトオブリガードが抜けてるかな。2400mの距離なら3戦3勝。上り32秒台の脚も持っています。

レベルが高いといわれる4歳馬のグローリーヴェイズにも注目したい。

2019年の日経新春杯の予想を前走の映像と、過去データから分析してみます。

日経新春杯の過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率70%
  • 1番人気が3着以内の確率80%
  • 2番人気の連対率50%
  • 1~4番人気以内で決まった確率70%
  • 前走、1000万クラス以下の連対率33%
  • ハンデ58キロ以上の背負った場合の連対率10%

データを見れば、かなり手堅い。人気通りに決まっている確率がとても高く

前走、1600万以下の馬(重賞に出走していなくても)でも、連に絡む事が多い。

 

気になるのはハンデ。

単純な成績だけでなく、ハンデも考慮しないといけません。

58キロ以上背負うと、途端に連に絡めなくなる。よほど強い馬でないと勝つのは至難の業。

データでは過去10年に1回のみ。2012年のトゥザグローリー。前走有馬3着だったので、地力が違いました。

 

矢野テックの2019年日経新春杯の予想印

僕の予想は以下のとおり。

◎ムイトオブリガード
〇グローリーヴェイズ
▲ロードヴァンドール
△アフリカンゴールド
×シュペルミエール

この予想印の理由は、過去データと、以下に挙げる前走の映像からです。

 

2019年日経新春杯の有力馬前走のレース動画分析

ムイトオブリガード

前走、アルゼンチン共和国杯2着。

結果は2着ですが、勝ち馬とのタイム差は0.1秒

しかも、上り32.5秒の鬼脚を使っています。

データでみれば、2400mは3戦3勝。得意な距離というのもプラス。

全てのケースを考えると、プラスの要素しかない。

 

グローリーヴェイズ

前走、菊花賞5着。

5着でしたが、映像みて分かるように、悲観するような内容ではありません。上り33.9秒。

枠順が大外枠だったことを考えれば、上出来な内容だったと思います。

4着だったブラストワンピースが有馬記念を勝ったことを考えれば、非常にレベルが高い世代ということがわかります。

鞍上がミルコデムーロなのも◎。

 

ロードヴァンドール

前走、チャレンジカップ12着。休み明けのレース。

結果は12着ですが、長期で休んだ後は大負けすることが多く、次のレースは上位に食い込む事が多いです。なので、あまり気にしなくてもよいかと。

むしろ、負けてくれたことによって、オッズが上がりそうなので一番注目しています。

京都の芝との相性もよく、[3.2.1.2]

 

アフリカンゴールド

前走、菊花賞12着。

映像みていると、ジョッキーの腕で負けた気がします。

今回は、松若風馬騎手からミナリクに乗り替わり。勝負の世界とはいえ厳しい。

馬券でみれば、非常にプラス。

2400mは2戦2勝。距離はマッチしていると思う。

 

シュペルミエール

1600万クラスのオリオンステークス1着。

2400mの距離は[2.1.1.0]

馬券を外したことがないというはプラス。

 

考慮中の馬

メイショウテッコン

前走、菊花賞14着。

一番迷っている馬。今回は武豊さんが乗るし、京都は2勝している。

 

ルックトゥワイス

距離はマッチしているけど、データをみると左回りしか走っていないイメージ。

 

2018年日経新春杯の馬券

買い目については、データどおり人気上位優先で考えるのが妥当かと。

ムイトオブリガード、グローリーヴェイズが軸かな。

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G2

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.