競馬知識

競馬にて日本のダートとアメリカのダート、ドバイのダートの馬場の違い

更新日:

ダートも国際レースが増えてきたので、海外からの参戦が増えてきています。

2018年度チャンピオンズカップでは、アメリカからパヴェルが参戦してます。こういう場合、日本の成績とそのまま比べるのは難しいです。ヨーロッパの芝は芝の長さが長く、日本の芝とは全く違うのと同じように、

アメリカのダート、ドバイのダートは、それぞれ違います。

どういう点が違うのか、まとめてみます。

日本のダート

材質は「

ダートレースを設立したとき当初はアメリカの馬場を参考にしてダートコースを作ったのですが、アメリカと日本では気候が違います。日本では、雨が多いため、アメリカのダートでは水はけが悪いので、砂のコースに置き換わったとのこと。

詳細はwikipedia参照

アメリカのダート

2種類あります。

材質は土

アメリカのダートはです。

しかも、ふわふわの土ではなく、踏み固められているので固い。日本のように、砂が巻き上がることはない。

 

サンデーサイレンスなどアメリカ出身の種牡馬が、日本の”芝”で好走しているのも分かります。

日本のダートとは全く違うので、ダートのG1でアメリカから参戦している馬はほとんどが惨敗。

例外は、雨の時。馬場が固くなるので、そういうときはアメリカ参戦の馬は好走してます。

 

もう1つの材質は「オールウェザー

英国で使われているのを参考にして開発された人工的な砂。馬場の状態が悪化しづらく、維持費も安いことから導入されたけど、水はけが悪くて近年はダート(土)に戻す競馬場が増えているとのこと。

 

ドバイのダート

材質は土

アメリカのダートを輸入して作られたけど、途中からオールウェザーが導入された。そして、近年、ダートに戻しているとのこと。

ドバイからの参戦の馬は全く記憶に無いのですが、アメリカのような土なので、日本のような砂適正はないかと。

まとめ

土とかオールウェザーとか、細かい話はどうでもよくて

ここで伝えたいのは、海外から参戦する馬は、日本のような深い砂での馬場ではなく、固められた土の上で走っているということです。

 

日本人がイメージするダートは砂だけど、違います。

海外のダートは土。

まったく、違う脚質が求められます。

成績だけをみて判断するのは危険です。

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-競馬知識

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.