G3

セントウルステークス2018の予想!ファインニードルが軸

投稿日:

春のG1高松宮記念で勝ったファインニードルが、夏の休養を経て、セントウルステークスに照準を合わせてきましたね。メンバーをみても、実績があるのはファインニードル。問題は58kgの斤量でしょうかね。そのへんも含めて2018セントウルステークスの予想をまとめてみます。

セントウルステークスの過去10年のデータから分析

過去10年のデータをまとめると以下のとおり。

  • 1番人気の連対率70%
  • 2番人気の連対率40%
  • 3番人気の連対率10%
  • 9番人気以下が3着以内に入った確率:50%

データをみると、驚くべき数字が出た。

1番人気はよほどの事がないと崩れない。ただし、斤量は58kgまで。

矢野テックの2018年セントウルステークスの予想印

僕の予想は以下のとおり。

◎ファインニードル
〇ダイアナヘイロー
▲ラブカンプー
△アサクサゲンキ
×レジーナフォルテ

この予想印の理由は、過去データと、以下に挙げる前走の映像からです。

 

2018年セントウルステークス有力馬前走のレース動画分析

セントウルステークスの有力馬の前走の動画からの分析と、1週前の追切りの情報をまとめてみます。

ファインニードル

前走、香港G1チェアマンズスプリントプライズ4着。

上位3頭が強くて、完敗といったところ。しかし、国内でこのメンバーなら話は変わるかと。

 

前々走、2018高松宮記念1着。

川田ジョッキーとの相性は抜群ですね。

このときの上がりは34.5秒。ファインニードルは上がりの平均が33秒〜34秒後半と、とても来れる脚が使えます。

終盤、ごちゃつかずに、切れる脚を使えれば勝ち負けは硬いかと思いますね。

 

ダイアナヘイロー

ここからが難しい。

まず、ダイアナヘイロー。前走、前々走、どちらも好走していない。動画で見ると切ってしまう感じです--;

ただし、データからみると、阪神競馬場では走った事があり、「3.0.0.2」。

3勝もしているので、相性は良い。

 

ラブカンプー

前走、北九州記念3着。

勝ち馬とのタイム差は0.3秒差。

結果は最後の直線で一杯で力尽きたものの、そこまで悪くないです。

それに、今回はミルコ・デムーロが鞍上です。

それだけでも、買い目に入れる価値ありです。

 

アサクサゲンキ

前走、北九州記念6着。

月曜日のスポーツ新聞みると、結構グリグリっと印がついてますが、なぜついてるのかが分からない。結構惨敗しているけど、上がりが32秒台〜33秒台前半という鬼脚の結果からでしょうね。

正直、僕は、不安定すぎるのであまり信用していませんが

まだ3歳なので、斤量は54kg。これは魅力です。

3着以内に十分入る可能性はあります。

2018年セントウルステークスの買い目馬券

買い目については、データからみてもファインニードルを軸に考えるのは定石かと。

 

問題は他です。

どうみてもどんぐりの背比べ。

 

人気薄の馬も、毎回3着以内に入ってきているので

水曜日、木曜日の調教で状態をみて、判断したいです。

 

メール講座

競馬より楽勝!仮想通貨無料メール講座

タップして読んでみる

-G3
-

Copyright© 競馬予想ブログ , 2022 All Rights Reserved.